FC2ブログ

しろネコの気ままな日々

風と光と水の流れ☆ 今69歳 過去も含め 今を大事に 本音で綴ります

Entries

夫の変化 私の変化 プロ妻にはなれないけれど。。。(@_@;)


一昨日の日曜日、夫は地元サッカーチームの応援に行き、

相手チームのスポンサーの配布物を貰って帰ってきました。
袋


同じように5月ごろ、2回並んで貰ってきた物。
シャンプー

以前はカッコ悪いという事で、こういった物を貰ってくることは無かったのです。

それに、2度も並ぶなんて。。。


先日はコンビニに寄ったついでに、こんなケーキを買ってきてくれました。

この事は既にブログにも書いたけれど、また書きたくなるほど珍しいことなのです。
ke-ki.jpg


そして、昨日は帰宅が遅く、カニ缶と南高梅干をお持ち帰り。 

夫は次は洗剤がいいかなとひとり言。 パチンコ???
缶詰


そう言えば、引っ越しする方の庭先に

「気に入った物があったらお持ち帰りください」とあったよと、

こんな陶器の人形を持って帰ってきたこともありました。

趣味ではないけれど、喜びましたよ(*^_^*)
人形



先日、何気なくTVをつけると、【プロ妻】についての特集をやっていました。

女性は男性に男らしさや経済力を求めています。

働く男性の本質は「承認欲求」です。

夫は妻に、気にかけて優しい言葉をかけて欲しいだけなのです。

それだけで、夫は仕事もプライベートも頑張れます。

「プロ妻」はこの夫の本質をきちんと理解して

賢く生活に活用し夫のケアをすることで、

夫が仕事で活躍でき収入も増え、夫婦仲も円満なのだと思います。


定年後も夫の行動を受け入れ、ほめながら操縦すれば

もめ事もなく、楽しい生活を送れるようになる。


ゆうこりんこと小倉ゆう子さんがゲストでこんな事を話していました。

結婚当初自身が想像していた理想と現実とのギャップを感じ、

夫に多くの要望をぶつけていました。

しかし、相手に期待することをやめたところ、ケンカの回数が減って円満に。

・頭に来ても怒らない。

・夫が毎日飲みに行っても何も言わない

・何時に帰ってきても責めず「おかえり」

・夫が朝帰りしてきたら気遣いながら休ませる

・食事は夫の好みを尊重


尊敬する相手であれば、プロ妻もいいけれど、

若いゆうこりんはストレスが溜まらないのかなとチョット心配。



私の場合、今は卒婚生活なので、夫のケアはほとんどしていないけれど、

夫をあてにせず、期待せず、帰りが遅い事が続いても、特に理由は聞かず、

但し、顔を合わせる場面では、出来るだけニコニコと。


最近無口な夫から話しかけてくることも多くなりました。

そして、私が喜びそうな物を持って帰って来る。

安物でも、貰い物でも、これは夫の大きな変化なのです。


いまさら、プロ妻をめざしても遅すぎるけれど、

そのうち、夫がもっと高価なプレゼントをしてくれるのではないかなと、

秘かに期待しています(*^_^*)




いつもご訪問あり がとうござい ます。
応援のポチッをしていただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブロブ村


ご案内

プロフィール

しろネコ

Author:しろネコ
今69歳。60歳の定年まで約30年。
妻、母、主婦、仕事と休みのない生活でした。
今、夫との卒婚生活も軌道に乗り、興味ある事には何でもチャレンジ。
自由な今を楽しみます。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR