FC2ブログ

しろネコの気ままな日々

風と光と水の流れ☆ 今69歳 過去も含め 今を大事に 本音で綴ります

Entries

身体の傷なら治せるけれど、心の痛手は癒せはしない♪


昨日は一日、手作りマーケットに出品する予定のバッグの制作。

じっとしていたおかげで、足首の痛みは夕方には治りました。

なので【身体の傷なら治せるけれど、心の痛手は癒せはしない】

ということで、今はほとんど乗り越えたパニック障害のことを少し書きます(^o^)



当初、自分がパニック障害であることをブログに書くのをためらっていたのは、

このブログを読んでいる娘が心配するのではとの理由もあるのだけれど、

書く事によって、改めてそれに捕らわれてしまいそうに感じたからなのです。


そして以前は、この病気であることを決定づけてしまうようで

人に話す事も、経験談を聞くことも、詳しく調べることも避けていました。


でも最近、少しずつ書く気になったのは、ウツを経験した友達の事をブログに書いた事もあるけれど、

この病気に対して、もう話しても大丈夫との自信がついたせいなのかなとも思っています(^o^)


娘や姉たちや友達にきちんと話したのも最近のことです。

ただ、この病気は精神的なものなので、完治という事はありえず、

一生付き合っていくものと思っています。




30年前、最初の家を購入するときに、

始めてパニック障害の症状が現れました。

原因はこの大事な決定を夫に任せられなかったことによるストレス。


その後も「飲む打つ買う」の様々な夫の裏切りとその尻拭い。

夫は人の心の痛みを理解できない人。

救急車に一緒に乗ったこともあるし、心臓など体調不良を訴えた事もあるけれど、

果たして、パニック障害の事を理解しているかはなぞです。

でもその頃、回りにはイイ人で通っていたのですよ(>_<)



子供が小学生のころが一番きつかったかも。

救急車に乗ったことも数度。

外出途中、知らないお家に頼んで、休ませてもらったこともありました。

薬を飲み、軽い外出恐怖症でもありました。


ただ、この症状を受け入れてしまうと、

生活に支障が出ることは目に見えていたので、逃げず、

重い症状に至らないよう、心を強く持つ努力を色々としました。


仕事をしている頃は、だいぶ落ち着いたのだけれど、

国内外の出張で飛行機に乗らなければならない時は苦痛でした。

(今は飛行機大好き。エンジン音が大きくなると、ワクワクします)


きっと、周りの誰もが気が付いていなかったと思う。

人に気を使わせる事は心苦しかったし、

頼る事によって、かえって心が弱くなりそうに思えたから。

誰かと一緒の時にその症状が表れそうになったら、

気付かれないように、自分なりの対処法をしていました。


今、一緒に出掛けるのは、心を許し気を使わない人ばかりだし、

そんな人たちと一緒ならば、症状は出ず、どこへでもOK。

幸い身体は至って健康。

目のサプリだけは続けて飲んでいますけど(*´ー`)



ただ、ひとりの時は相変わらず、苦手な場所はあります。

例えば、電車に乗る時は、なるべく各駅停車。

時間はかかっても空いていてリラックスできるから。

最近よく出かける、日比谷へは急行を使えば1時間チョットだけれど、

2時間前に家を出ることもあります。

まあ、年寄りの早起きなので、むしろその方が都合がいい。

電車の中での人間観察も面白いし、読みたかった本も読めるし,

ゆとりの時間で街を楽しめるしね(^o^)V


また一人で運転するときは、高速道路はもちろん避けるけれど、

遠回りでも、トンネルやバイパスがない道路を選ぶ。

そして、いつでも他の道に出られるよう、端の車線を走る。


ひとりで映画を観る時は、深呼吸や自分なりのおまじない。

その他色々工夫をしているので、ひとりでどこへでも出かけられます。



この病気の元凶であり、今、私の身近で、唯一ストレスを感じる夫とは、

離婚もせず40年間、何とか連れ添い、今はお互いに納得の卒婚状態だし、

夫の根っこの部分を変えることは無理と悟ったので、

卒婚状態を楽しく保てるよう、夫への接し方を工夫。


そして、色々付き合ってくれる娘や姉たちや友達にも恵まれているし、

病気と上手に付き合いながら、肩の力を抜いて、気ままな生活を楽しみます(*^_^*)




昨日のブログの続きを簡単に載せます。

宝塚観劇の後は銀座方面へ。


数寄屋橋交差点 ソニープラザ前の大型水槽には熱帯魚。
熱帯魚2


歩行者天国を抜けて銀座一丁目の中華料理店【過門香】へ。

豪華な入口。
入口


幻想的な通路。
通路


宝塚観劇プランのコースメニューです。
メニュー

前菜
スープ
鯛
ダック北京
唐揚げ
あえもの
おかゆ
うーろん茶
デザート


私が働いて得たお金で楽しんでいるのだし、

こんなことで、夫の裏切りをチャラにできるとは思えないけれど、

せめてこれ位の贅沢をしないとやってられないのです(^_-)-☆




いつもご訪問ありがとうご ざい ます。
応援のポチッをしていただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブロブ村

ご案内

プロフィール

しろネコ

Author:しろネコ
今69歳。60歳の定年まで約30年。
妻、母、主婦、仕事と休みのない生活でした。
今、夫との卒婚生活も軌道に乗り、興味ある事には何でもチャレンジ。
自由な今を楽しみます。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR