FC2ブログ

しろネコの気ままな日々

風と光と水の流れ☆ 今69歳 過去も含め 今を大事に 本音で綴ります

Entries

楽しい気持ちが萎える 考えさせられた出来事(・_・)


昨日は以前のジムで知り合った友達と1年半ぶりに会ってランチ。

写真も撮り忘れ、つもり話は尽きず、3時間後、

食事もデザートも食べ終わった時に撮った写真です。

フェイラーのタオルハンカチは彼女から以前貰ったドイツ土産。

フェイラーは数枚持っているけれど、何年経っても品質が変わらないので好きです。
デニーズ


そしてこれは、彼女が去年の夏に行った沖縄で購入したブレスレットのお土産。

いつか、私と会う日が来るだろうと、取っておいてくれたそうです。

これからの季節にピッタリですね(^_^)
ブレスレット


彼女とは、定年まで仕事をしていたことや、

その後、心の病にかかり、乗り越え、今を楽しんでいる事など共通点が沢山あります。


びっくりしたのは、近々私が受けようと申し込んでいた、ある体験教室に

彼女も申し込もうと思っていたという話。

とりえあず、私が先に体験して、その結果を聞いて申し込むとの事。

感性があう、エピソードの一つです。

月イチのランチを約束しました(^o^)



その後、そんな楽しい気持ちが萎える出来事に遭遇。

彼女と別れた後、スーパーで買い物。

2階の駐車場に行こうと、エレベーターのボタンを押し待っていると、

後ろから、ズカズカと女性が来て車イス用の方のボタンを押しました。


このボタンは健常者の方でも押す場合があるし、

立札があって見づらかったので、私が押したボタンが見えなかったのかな?

なんて単純に思いました。


エレベーターが来たので、乗ろうとすると、その女性は不機嫌な声で

「車イスの人が乗るんですけど」と。。。。

後ろを振り向くと、女性の後ろにご主人らしき方が車イスに乗っていました。


私は、気が付かなかったことを申し訳なく思い、

私が先に乗っても十分なスペースがあったのだけれど

「スイマセン」と言い、その方たちに先に乗って頂きました。


まず、車イスの方が先にのり、そのあと女性が乗ったのだけれど、

入口ギリギリにカートを横向きに置いて動かさないので、乗るスペースがありません。

なので、「少し後ろに下がって頂けませんか?」と頼み、やっと乗る事ができました。


このふたりより、先にエレベーターを待っている方は、私以外にも数人いたし、

詰めれば全員乗れたと思うのだけれど、私しか乗れませんでした。


階数のボタンが押されていなかったので、私は2階を押し、

女性に「何階ですか?」と聞くと、その女性は自分で地下1階のボタンを押しました。


私、思わず「地下に行くんですか?」と聞くと、

女性は「下に行くエレベーターじゃないの?」とイライラ声。

私、しっかり言いましたよ。

「あなた自分で、上のボタンを押しましたよ」と。。。


彼女からは、車イスは優先されるのが当たり前との雰囲気があふれ出ていました。

困っている人がいたら、助けたい気持ちがあるのは皆同じだと思うけれど、

この女性の態度は、反感を持たれても仕方がないなと思いました。



そして、これは書くかどうか、迷ったのだけれど、最近考えさせられたので書きます。


5月中旬に若冲展を観に上野の東京都博物館に出かけました。
160分激混みに耐える

展示された絵画を一番前で観るには、並んで進むのをジックリと待ちます。

待てない人は3重にもなった後ろで見える部分だけを見ることになります。


そんな中、車イスの方を数組見かけました。

ある付き添いの方が後ろの方で大きな声で言いました。

「車イスの方がいるので、空けてくれますか?」と。。。

3重になっている人も、一番前で見ている人も、

隙間をあけ、付き添いの方と車イスの方に場所を譲りました。


誰にでも行きたい場所に行き、観たい物をみる権利はあります。


以上一概にはコメントできない、考えさせられる出来事でした(・_・)



いつもご訪問有難うございます。
応援のポ チッをしていただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブロ村


ご案内

プロフィール

しろネコ

Author:しろネコ
今69歳。60歳の定年まで約30年。
妻、母、主婦、仕事と休みのない生活でした。
今、夫との卒婚生活も軌道に乗り、興味ある事には何でもチャレンジ。
自由な今を楽しみます。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR