FC2ブログ

しろネコの気ままな日々

風と光と水の流れ☆ 今69歳 過去も含め 今を大事に 本音で綴ります

Entries

お隣の家族でまともなのはお孫さんだけ?( ´Д`)


昨日、お昼過ぎにチャイムが鳴ったのだけれどインターフォンの調子が悪く声が聞こえません。

玄関をあけると、駐車場の向こうに男女の二人連れが立っていました。

逆光で顔が良く見えない。

若い女性はマットレスを抱え、もうひとりは私と同年代の男性。

よくよく見ると、マットレスは夫が朝、2階のベランダの手すりに干していたものでした(*_*)


男性はお隣のご主人で、奥様は昨年の今頃お亡くなりになりました。

娘さん夫婦と3世代同居で、若い女性は孫にあたります。

風でお隣の庭に落ちたマットレスを届けてくれたのでした。


反対隣りの奥様は情報通、おしゃべり好きなので、会えばお話しするのだけれど、

亡くなった奥様とその娘さんは近所付き合いをほとんどせず、いつも2人連れで歩き、会っても知らん顔。

町内会の掃除にも出てこないし、極めつけは、去年奥様が亡くなった時、町内会に知らせず

ご近所にも内緒だったのです(ノдヽ)


別に迷惑はこうむっていないし、詮索は趣味ではない。

それぞれの家族の考えがあるので、別にいいのだけれど世間の常識からははずれていますよね。


18年前、越して来たばかりのころお孫さんはまだ3歳。

高校を卒業後、家を出られ、たまに遊びに来るようです。


娘さん、元気な声で「車を洗っていたら落ちて来ましたよ~」。

私も思わず 「Mちゃん久しぶり、大きくなったね」と。。。

おじいちゃんはすぐに自宅に戻ったけれど、私とお孫さんはしばらくおしゃべり。

年齢を聞いてびっくり。

当たり前のことだけれど、いつのまにか21歳になっていました。


とても可愛らしくて、愛想の良い娘さん。

おばあちゃんとお母さんとは大違いだけれど、反面教師としては良かったのかもね(^-^;



この母娘はどうなのかな?

昨日のブログに書いた清川あさみさんの作品展のあと行ったのは、表参道ヒルズ地下3階で催されていた

『蜷川実花写真展 ファッション エクスクルーシヴ』
蜷川2

蜷川実花の感性で様々な人物をプロデュースした写真展。
パンフ蜷川

ここは撮影禁止なので、ポスターから2枚。
桐谷


独特な色使いは母親であるキルト作家、蜷川宏子さん(元女優の真山知子さん)の世界観と似ています。

私には想像がつかない色使い。 刺激があります。

お互いにいい意味で刺激し合っているであろう母娘。

我が母娘もそうでありたいですね(^_^)




いつもご訪問有難うございます。
応援のポ チッをしていただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

ご案内

プロフィール

しろネコ

Author:しろネコ
今69歳。60歳の定年まで約30年。
妻、母、主婦、仕事と休みのない生活でした。
今、夫との卒婚生活も軌道に乗り、興味ある事には何でもチャレンジ。
自由な今を楽しみます。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR