FC2ブログ

しろネコの気ままな日々

風と光と水の流れ☆ 今69歳 過去も含め 今を大事に 本音で綴ります

Entries

ずっと行きたかった場所


昨日は銀座4丁目 教文館 ウェンライトホールに

出かけて来ました。

教文館


藤城清治 影絵展 〈幸せをよぶ光〉

ポスター



2013年に 那須に藤城清治美術館が開館され

その時に見た TVのドキュメンタリー番組での

藤城氏の姿。  

カッターの刃だけを手に 葉の一枚一枚を

大胆にカットし 色を幾重にも重ね大作を仕上げる

過程を見て感銘を受け是非行きたいと。。。


ただ那須の美術館は完全予約制なので 

なかなか行く機会がなく 7月に銀座で開催されることを知り

最終日が10月15日までなので 時間を調整して

やっと行く事ができました。



美術に素養のある親友に声をかけ 大いに興味を

持ったようだったけれど急だったので調整がつかずひとりで。

こういった展覧会はよほど感性が合う人とではないと

一緒は避けたいですよね。

ホール


開場前から人が並んでいました。

中も混雑。

入口


シャッター音 フラッシュをたかなければ撮影OKです。


前期の作品は単純でシンプルだけれど洗礼されており

後半につれて緻密になっていく作品よりも好きです。


この〈こびとと靴屋〉は 個人的に

全作品の中でも一番好きな世界観を表しています。

影絵7

こねこのルミちゃん
影絵ねこちゃん

角笛と少年
影絵8

幸福の王子
影絵4

ブレーメンの音楽隊
11影絵


コスモスは誌う
影絵6

影絵5


恋人の聖地
13影絵

影絵追加


水と鏡を使って表現されています。

実際に見るほうが数倍美しいです。
影絵3


美しくも悲しい平和への遺産
影絵2

福島原発すすきの里
20影絵



メッセージ性がある作品が多いけれど

どれも美しく お土産の絵葉書を選ぶのに相当

時間をかけ最終的に選んだのはこの4枚。

シンプルさと緻密さをあわせ持った〈月光の響き〉

2枚のうち一枚は親友へ。

あとは子供のころから知っている作品

絵葉書4枚


一筆箋は〈地球賛歌〉
一筆箋



現在91歳。

昨年脊柱管狭窄症を患い 入院中の病室から望む

町並みの風景 東京タワー スカイツリー 富士山の

3メートルほどに及ぶデッサンと この言葉が

飾られていました。

〈病気をすることによって 時間がたつのがゆっくりになる。

だからゆっくりていねいにデッサンする時間が持てた。

人間はいつか病気をする。不幸にも出会うこともある。

それをのりこえてこそ生きるよろこびがとびだしてくる〉

言葉

強い精神力。 私もそうありたいです (^_^)/



そして楽しい出会いもありました。

それは明日にしますね。




いつもご訪問有難うございます。
応援の ポ チッをしていただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村


ご案内

プロフィール

しろネコ

Author:しろネコ
今69歳。60歳の定年まで約30年。
妻、母、主婦、仕事と休みのない生活でした。
今、夫との卒婚生活も軌道に乗り、興味ある事には何でもチャレンジ。
自由な今を楽しみます。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR