FC2ブログ

しろネコの気ままな日々

風と光と水の流れ☆ 今69歳 過去も含め 今を大事に 本音で綴ります

Entries

蛭子能収さんと 国際キルトフェスティバル



「大勢で歩くと真っ直ぐ目的地を目指すだけで 街を楽しめません」

「一番楽しいのって 自分で考えたことを行動に移すことなのに 群れるとしづらい」

「気の進まないことは互いに軽く断れる関係なら好きなんです。 
 頼みを断れないのが友達 なら そんな関係はいらないです」

「物を作るときは 孤独でいるほうが集中して いい作品ができます」

「一人で楽しくすごせるのは 自分が何をやりたいかを 知っているから
 そうじゃないと 他人に流され 一生 他人に使われて
 終わるんじゃないでしょうか」



昨日の夕刊に載っていた 蛭子能収さんの言葉です。
著書 『一人ぼっちを笑うな』 がヒット中のようですね。

私の今の気持ちにピッタリなので 書き残しました。



今東京ドームで 国際キルトフェスティバルが 開催されていますね。
私は パッチワーク教室に通っていたころ 11月に開催される
横浜アリーナでのキルト展と合わせて ほとんど欠かさず 通っていました。

基本 パッチワーク仲間数人と出かけていましたが 
日程が合わない時は ひとりで 出かけていました。

どちらが充実していたかといえば ひとりで行った時です。
 
数人で行った時は それぞれ好みの作品があるので 時間や 
待ち合わせ場所を決めて 鑑賞するのですが 時間が気になり 
充分に作品を鑑賞できませんでした。

生地を買う時も お互いに見せ合い 他の人が買った生地が気に入ると
再度 そのお店に案内したり それが楽しくもありましたが 疲れもありました。



パッチワーク 教室を辞めてからは デパートなどで 開催される 
こじんまりした キルト展に出かけています。 
生地は ユザワヤ オカダヤ トーカイ ドリーム パンドラハウスが
それぞれ 家から30分以内にあるので それで十分です。

それにしても 2メートル以上ある タペストリーのキルティングは
中心の方 どうやって針を進めるのだろう。

私が通っていた教室は パッチワーククラフトが 中心だったので
大きなタペストリーを数年かけて 完成させる方 尊敬します。

小関先生のマンスリーキルトは 先週完成していたので 画像貼り付けます。
タルミ シワが あるので拡大しないでね。
恥ずかしいので小さい画像です。 またウソつきました。
どう頑張っても 横向き このサイズでしか 貼り付けできませんでした。

DSC_0064_convert_20150122141712.jpg

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 60代以上 日々のできごとへ
にほんブログ村>

ご案内

プロフィール

しろネコ

Author:しろネコ
今69歳。60歳の定年まで約30年。
妻、母、主婦、仕事と休みのない生活でした。
今、夫との卒婚生活も軌道に乗り、興味ある事には何でもチャレンジ。
自由な今を楽しみます。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR