FC2ブログ

しろネコの気ままな日々

風と光と水の流れ☆ 今69歳 過去も含め 今を大事に 本音で綴ります

Entries

「終の住処」と「火花」と「塗り絵」


金曜日にイオンに行った時に 本屋に寄って

これらの本を買ってきました。


「マンダラ塗り絵」と「文芸春秋」です

2冊


この塗り絵は以前 TVで紹介され 気になっていたのです。

塗り絵


お手本は無く 自分の感性で自由に塗り進める事ができ 

根気は必要だけれど 技術はほどほどで良さそう。

だた複雑で緻密なので 出来上がった時の美しさ 

達成感 満足感は高いものがありそうです。
 


これは以前から楽しんでいた 大人の塗り絵です。

ポストカード


この記事に書いたけれど この塗り絵は 絵心や技術も必要とされ お手本と比べると

ガッカリする事が多く 余り満足感や達成感がえられませんでした。

絵葉書の花2


絵心がない私には「マンダラ塗り絵」がピッタリかも。

「ポストカード塗り絵」は 絵心がある娘にプレゼントしようかな?



 
そして話題の「文芸春秋」

芥川賞作品が掲載されるので 発売を待っていました。
 
1本


やはり話題の本は読んでおきたいですよね。

目次



賞を取ったからと言って すぐにその本を読もうとは

思わないけれど 第141回の芥川賞を受賞した 

磯崎憲一郎さんの「終の住処」は 発売後すぐに購入しました。

終の住処


この本は2009年に賞を受賞したのだけれど

そのころはまだ 夫とも上手く行っていない時期だったので 

この題名に惹かれたのかもしれませんね。



ただ印象は薄く 内容はほとんど覚えていません。

夫との仲も 落ち着いてきた今日この頃。

新たな気持ちで読むと 感じ方も違ってくるかなと

期待を込めて読み直してみることにします。


火花を読むのは後回しになりそうです。


(追記)
又吉直樹さんが選ぶ20冊という事で
7月末に読んだ西加奈子さんの「窓の魚」は
私の脳ミソでは(?)でした。



いつもご訪問有難うございます。
応援の ポチッをしていただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村


ご案内

プロフィール

しろネコ

Author:しろネコ
今69歳。60歳の定年まで約30年。
妻、母、主婦、仕事と休みのない生活でした。
今、夫との卒婚生活も軌道に乗り、興味ある事には何でもチャレンジ。
自由な今を楽しみます。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR