FC2ブログ

しろネコの気ままな日々

風と光と水の流れ☆ 今69歳 過去も含め 今を大事に 本音で綴ります

Entries

先生を選んだ理由\(^o^)/


定年後、9年が経過しました。

定年になったらやってみたいと思っていた事はひと通り体験。


そして2年半前。

憧れてはいたけれど、自分が体験するとは思わなかった

ピアノの練習を開始することに。


何かきっかけがあったのかなぁ?

今となっては思い出せない。


きっと突然沸き起こった感情だったのだと思う。

思い立ったら即行動。


まず、近くの「大人のピアノ教室」を探しました。

幸い3年通ったパッチワーク教室や3ヶ月だけ通ったニャンドゥテイ教室や

様々な体験教室に通ったカルチャーセンターに

曜日ごとに3人の先生が教えてくれる教室がありました。


月2回 1回30分。

早速、順番に先生と面接。



一人目の先生は国立の有名音大の出身者。

厳しそうで「楽譜にドレミは書かない」と話されビビる。

ちょっと付いていけないかなぁ。



2番目の先生は私立の音大出身。

美人で真面目な雰囲気。

しっかり教えて下さりそうだけれどちょっと面白味に欠けるかな?

(先生スイマセン)



そして3番目の先生。

2番目の先生と同じ音大出身。

愛嬌があり、話しやすい。

気楽に練習出来そうなのでこの先生に決定。


相性が良かったようでこの2年半一度も不満を感じたことはありません。



昨日は発表会後初めてのレッスン。

「渚のアデリーヌ」は合格点だったのだけれど

「エリーゼのために」を弾いた後

【一か所だけ言いたい事があり、次のレッスンで話す】

と先生からダメだしが出ていたので早速聞いてみました。


2番目の山場の左手は六連符が続くパート。

1箇所だけ一音足りなかったことは弾いていて気付いたけれど

七音弾いた場所もあったとのこと。


練習ではいつも小さな声で六音カウントしていたのだけれど

前半上手くいっていたので何故か気を抜いてカウントしなかったのです。


数カ所のミスタッチは問題無いけれど

音符の過不足は曲自体のイメージに影響すると言うことと理解。

最後まで気を抜いちゃダメね。



ところで昨日はレッスンで一度もピアノに触れませんでした。

まず教室に入った途端、先生は楽譜が入った私の手作りバックに目を付けて質問攻め。
DSC_0235 (4)


昨日は次に弾く曲を決めるという事で娘から譲り受けた厚手の楽譜など

数冊持参したのでいつもと違うバックに入れていたのです。
DSC_0238 (2)


そしてお互い娘がいるので相談しあったりでピアノに関係ない話で10分。


その後次に弾く曲の相談。

先生が見本に弾いてくれたりで20分。

いくつか候補曲を選び次のレッスンで決める予定。

私が鍵盤に触れることは最後までありませんでした。



先生は最後に「余計なおしゃべりばかりして時間が無くなっちゃたわね」

と言ったけれどそれが先生のいい所。


そんな訳で昨日はピアノもリラックスデイ。

次への意欲も湧いてきました。




さて今日は娘と待ち合わせて初めての場所へ出かけます。

前回会った時はケンカをしたのでショボいランチ。

今日は美味しい物食べられるかな?(*^_^*)




いつもご訪問有難うございます。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ





ご案内

プロフィール

しろネコ

Author:しろネコ
今69歳。60歳の定年まで約30年。
妻、母、主婦、仕事と休みのない生活でした。
今、夫との卒婚生活も軌道に乗り、興味ある事には何でもチャレンジ。
自由な今を楽しみます。

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR