FC2ブログ

しろネコの気ままな日々

風と光と水の流れ☆ 今69歳 過去も含め 今を大事に 本音で綴ります

Entries

長姉との距離を決定的に感じた3年前の京都旅行(´・_・`)


昨日の夕方6時、TBSの【世界遺産】は京都「仁和寺」。

DSC_0803.jpg


普段は忘れているけれど京都の話題が出ると

3年前の京都旅行の仁和寺での苦い出来事が蘇ってくるのです。

この事は心の隅に澱のように残り今も後悔。

あの時に戻ってやり直したいと思うのです。



たまたま、見た昨日のTV番組。

過ぎ去ったことは忘れてしまうタイプだけれど

これを機会に心に残っている澱を吐き出してしまいたい。

よってここからは愚痴、悪口になるので苦手な方はスルーして下さいね(ノ_<)



面倒見が良く、世話好き。

美人で人付き合いが上手な長姉。

おっとりし、人当たりが良いけれど本心を見せない次姉。

そして、二人からはしっかりしていると言われる私。


子供が手を離れた20年ほど前から始めた3人での旅行。

海外を含め年2回の旅行は一昨年まで続いた恒例行事でした。

当初は素直な気持ちでふたりに接することが出来ていたのだけれど。。。



それがいつからか、長姉の口うるさく自分勝手な振る舞いが目につくようになり

それを煩わしく感じるように。

旅行に対する考え方の違いも顕著になって行きました。



2016年10月20日から2泊3日の京都旅行。

今その頃のブログをチラッと読み返してみたけれど

全然力が入っていないし中途半端。

こんな文面もありました。


京都旅行については一日目の様子をアップしただけで
2日目以降の事はあまり書く意欲が湧きません。
何故なら、私にとってツッコミどころ満載の旅だったから。。。



その京都旅行です。

ツアーでの旅行は日本全国ほとんど廻り、

京都も数回目だったので自分たちで計画した個人旅行にすることに。


長姉は数か月前から旅行雑誌を購入しルートを検討。

一番張り切っていました。



新幹線に乗ってすぐに長姉の自分勝手な行動が目につき始めました。

それは、道を歩いていても、ホテルの中でも様々な場所で見られました。

細かい内容はあまり気分のいいものではないので割愛。

注意した時もあったけれど、旅行を台無しにしたくなかったので基本黙認。



そして3人でルートを決めた数か所のお寺。

長姉は疲れたと言い、2ヵ所ほどスルー。

そして実際にまわった時の感度の違いも顕著に。


ただ、それらのお寺はまたいつか訪れることが出来る。

但し、仁和寺ではもう叶わない出来事があったのです。


丁度その頃仁和寺ではこんな催しが行われていました。

世界遺産・仁和寺の瓦にメッセージを残そう

思いを込めた瓦が100年残る。
ご本尊(千手観世音菩薩)が安置されている、
重要文化財の観音堂は、約370年ぶりの大規模修理中。
その新しい屋根瓦に、墨筆で自分の名前や願いを込めた
メッセージなどを記すことができます。
次に葺き替えが行われるのは、短く見て80年から100年後。
その時まで、瓦はずっと観音堂の屋根に置かれます。



長姉は自分が興味が無い場所はひとりで先に行ってしまいます。

せっかく計画した京都のお寺めぐりでも同様です。

DSC_0851 (2)


次姉と私はじっくりと回ります。

そして二人で仁和寺のこの催しを見つけたのです。


100年後まで観音堂の瓦屋根に自分のメッセージが残る。

そして、その時代に生きている人達の目に触れるかもしれない。

何だか夢がありませんか?

空の上からその様子を眺められるかもしれない。



次姉も賛成。

ふたりで急いで長姉を追いかけました。

既に玄関に戻っている長姉の返事は

「わざわざ戻るの面倒くさい。。。」


次姉は自分の意見は言わずどっちつかず。

私は出かけた場所では悔いなく楽しみたいと思うのだけれど

もう、二人を説得する気力は無くなりました。



あの時、ひとりでも戻って瓦に記帳すればよかった。

これが3年経った今でも悔いが残っている出来事です。



修復後の観音堂です。

20190515-OYT1I50083-1 (1)a
画像はお借りしました。


昨日の【世界遺産】ではその観音堂の屋根瓦も写されました。

「世界遺産の仁和寺の屋根瓦に私のメッセージが残されている」

もし記帳していればまた違った気持ちで

感慨深く番組を視聴できたかもしれませんね。



これ以降長姉からの誘いを断る機会が増えて行きました。

そしてこの夏はブログにも書いているように

長姉と距離を取る事に決めた決定的な出来事もありました。



これから旅行やお出かけは娘かお友達と。

娘とはいつかシェーンベルク宮殿へ。


そしてこの秋、Kちゃんと計画した京都旅行は

それぞれの事情で延期したけれど必ず実現したい。


夫とは無理(ノ_<)



以上長姉との距離を決定的に感じた京都旅行での出来事でした。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。

少しだけれど心がスッキリしました(* ´ ▽ ` *)




いつもご訪問有難うございます。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

にほんブログ村





ご案内

プロフィール

しろネコ

Author:しろネコ
今69歳。60歳の定年まで約30年。
妻、母、主婦、仕事と休みのない生活でした。
今、夫との卒婚生活も軌道に乗り、興味ある事には何でもチャレンジ。
自由な今を楽しみます。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR