FC2ブログ

しろネコの気ままな日々

風と光と水の流れ☆ 今69歳 過去も含め 今を大事に 本音で綴ります

Entries

特に何もない一日に満足です そして少しお勉強

昨日は 寝坊をしたので 大急ぎで
家事を済ませ ブログ
≪本末転倒?私の考え≫を書きました。
 
そして旅行の荷物を片付けパンフレットを
整理し お土産を仕分けしただけで 
お昼を過ぎてしまいました。

そして話題の〈プラチナエイジ〉を見ました。
今まで ほとんど見ていなかったけれど
友達からあらすじを聞いていたのです。

深刻な話題だけれど ユーモアも感じられ
時間がある時は 続けて見たいですね。


遅めの昼食をとり ミヤネ屋を見たけれど
橋本氏の吹っ切れた(?)風の笑顔が
爽やかに見えます。

本当の心の中は見えないけれど これからの
橋本氏の行動 気になるところです。
潔さが本物であって欲しいですね。


真央ちゃんは現役続行。
引退すると思っていたけれど強い精神力。

いっとき少しふっくらしていたけれど
会見での顔つきはキリリと引き締まって
見えました。応援したいですよね。


外は風もなく 穏やかに晴れています 。
たまには こんなまったりブログも
いいですよね。 

形にとらわれない ブログ生活です。



夕方親友からメールが入りました。
彼女は今日から 一泊で善光寺御開帳の
ツアーに出かけます。

3人姉妹と一緒です。

彼女曰く 私に刺激されたとの事。
以前は余り行き来がなかったけれど
最近 姉妹で旅行するようになったそうです。

メールの内容は 「旅行どうでしたか?」です。

混み具合などを サラッと書いて返事をしました。

大親友だけれど 電話で長話しはしません。
近々会う予定もあるので。



昨日のブログは 御朱印についての考えが
主だったので ツアーの詳細と復習を兼ね
私自身の備忘録として残しておきます。

スイマ セン。長いです。


横浜発 7時10分

最初に 現世ご利益を願う北向観音に
向かいました。
道 2

北向観音

北向 看板




裏にあったこの建造物は何でしょう?
色々調べたけれど判りません。
引き続き調べるけれど 迫力ありです。
裏北向 


霊木 桂の木
縁結びの木とも言われているようです。
桂の木 2

愛染かつら看板




次に向かったのは安楽寺です。
常楽寺看板


樹齢?年の大きな杉林を抜けていきます。
常楽寺 木


国宝八角三重塔
ホームページによると
≪わが国に残された唯一の八角塔婆であり、
かつ、禅宗寺院に残る塔婆としても
極めて貴重な遺構である≫との事。

重厚な木造の木組みに圧倒されました。
3重の塔




そして善光寺
有名な5羽のハトが隠れている山門の額
善光寺山門


並んでいます。約40分待ちでした。
門 入口


回向柱
回向柱2

復習がてら もった詳しく知りたかったので
調べてみました。

複数の資料を参照させて頂きました。 

1尺5寸角(45㎝)、高さ33尺(約10m)。

梵字は上から
「空 風 火 水 地(キャ カ ラ バ ア)」。
仏教において宇宙を構成する5大要素
として考えられており青、黒(紫)、赤、白、黄
の五色が充てられる。

キリークは阿弥陀如来、
横並びは左がサクで勢至菩薩、
右がサで観音菩薩、阿弥陀三尊です。

そして「ほうかいがんまえだちほんぞん」、
すなわち「前立本尊の厨子の扉を開き奉る」ということです。

大高炉の上を通り、白い「善の綱」は本堂へと入っていきます。
回向柱に上部には「善の綱」(ぜんのつな)という白い布が結ばれ、
本堂に安置される前立本尊(一光三尊阿弥陀如来像)に繋がっています。


善の綱は、本堂内に入ると五色の糸に変わり、厨子の前では金糸になって、
厨子の中の阿弥陀様の右手に繋がります。
回向柱 に触れることは、前立本尊に触れるのと同じ功徳があり、
阿弥陀様と結縁(けちえん)を果たすことができると信じられています。


両手をあて 一心に拝みました。



≪内陣参拝≫は約1時間待ちでした。

入ってすぐ左側に 〈おびんずる尊者〉の像が
あります。 302歳 皆に撫でられ お顔も
すり減っていました。

奥の上部左右の朱塗りの欄間には
3M以上あると思われる金色に輝く像があります。

何の像か気になって調べたけれど
判りません。 引き続き調べます。

正面上部の壁には 金色の輝く複数の
観音像が飾られています。

そして 中央に進み 奥の瑠璃壇の中の
御本尊 一光三尊阿弥陀如来にお参りを
しました。



≪お戒壇めぐり≫は2時間待ちなので
あきらめました。

どちらにしても 暗闇は苦手なので 
パスしたかもです。



そして本堂横の もう一つの回向柱。

この回向柱の意味が 今一つ判りません。
戦死者の霊を祀っているだったかな?
これも調べる必要ありです。
近くの回向柱




そして表参道の仲見世にある世尊院に
立ち寄りました。

ここは一番最後に寄ったのでスマホの
バッテリーが切れて写真なしです。

ここには釈迦涅槃像が安置されており
善光寺御開帳に合わせて回向柱が
立てられていました。

善光寺本尊の 阿弥陀如来は来世の仏様。
世尊院本尊の 釈迦涅槃像は現世の仏様。

この二つの回向柱を触れることで
現世と来世の御利益を頂くという説です。

北向観音と同じ謂れですね。




途中 ラッキーな事に表参道で
〈篠ノ井大獅子奉納〉の獅子舞に遭遇しました。
獅子舞

折しも 実家近くでは三社祭りが
開催されています。
お神輿大好きな心が騒ぎました。


以上約3時間半の善光寺御開帳体験でした。


バスの総移動距離 550km。
帰宅は 12時を過ぎていました。



おまけ。
こんなサービス写真も撮りました。
〈しょうぐうさん〉と一緒。
ひと隅を照らす運動キャラクターです。
写真


お土産は食べ物ばかり。

私は旅行に行くと必ず 記念になるグッズを
買うのだけれど 気に入った物を見つける
事が出来ませんでした。
お土産



7年(6年)前の 前回の善光寺御開帳の時は
仕事や私事も忙しく 現世来世などについて
それ程考える事もありませんでした。

今回このツアーに参加する機会を得て
ひとついい体験ができました。

今週は もう一つ新しい挑戦があります。
小さい挑戦だけれど楽しみです。




いつもご訪問有難うございます。
応援の ポチッをしていただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村


ご案内

プロフィール

しろネコ

Author:しろネコ
今69歳。60歳の定年まで約30年。
妻、母、主婦、仕事と休みのない生活でした。
今、夫との卒婚生活も軌道に乗り、興味ある事には何でもチャレンジ。
自由な今を楽しみます。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR