FC2ブログ

しろネコの気ままな日々

☆風と光と水の流れ☆ 今68歳 過去も含め 今を大事に 本音で綴ります

Entries

初めての場所へひとりお出かけ 電車は間違え 道も迷う(T_T)


昨日は急用で初めての街へ。

乗換は2回。

途中から初めての路線に乗り換えるので

電車苦手な私は、事前確認が重要。


最近はどこへ出かけるにも乗換案内を確認をし

逆算して家を出る時間を計算できるのでとても便利。

ただ、その時間にしばられてしまいゆとりがなくなってしまうのも難点。


以前はこんなシステムもましてスマホもなかったので

待ち合わせ場所に時間通りに到着し、

会えることは奇跡に近かったのかもね。


それでも当たり前に生活できていた時代が懐かしい。

なんて珍しく昔に思いをはせました(*^_^*)



話を戻し、購入する物があったので、

途中の乗換駅で外に出てみました。

初めて降りる駅です。

有名大学がある有名駅。


フラフラ探すにも時間が無いので、

駅前に立っていた警官に売ってそうなお店を確認してもらいました。

若い警官はスマホで調べたり、自分で考えてくれたけれど

近くには売ってそうなお店が無いとの事。

当たり前に売ってそうな物なのでビックリ。


食べ物やさんは沢山あります。

学生の街はちょっと不思議な街でもありました。


結局最終駅から目的地に向かう途中のお店で購入することにしました。



度々ブログにも書いているように重度の方向音痴。

なので高齢者の特権?ですぐに道を聞きます。

道を聞いたのは最終駅から目的地まで。

20分ほど歩くのです。


まず最初は感じが良さげな40歳代の女性に確認。

買い物をするお店をスマホを使って電車の中で

確認済だったので、その場所を聞いてみました。


チョット時間が無くなってきたので焦り気味で聞いたら

それが伝わったのか丁寧だけれど早口で指さしながら教えてくれました。

「ありがとうございます」



買い物を終え、次は子供連れの若夫婦に目的地の方向を聞きました。

私、指さしながら「○○はあっちの方向ですか?」

若奥様 「いいえ。こっちの方向です」

明らかに東西南北の感覚が狂っています。

若夫婦はニコニコ。 私照れ笑い。



最後に道を聞いたのは帰りの駅に向かう途中。

国道沿いをしばらく歩いて左に曲がるのだけれど

曲がる場所が判らない。


途中で心配になり、向こうから歩いてくる50歳代の女性に確認しました。

前から歩いて来る時から感じ悪いオーラにあふれて居たのだけれど

他に誰もいないので仕方がない。


案の定、私は曲がる道を通り過ぎてしまっていたので

呆れたようにぞんざいに指をさし「過ぎてますよ。あそこの角」

勿論お礼は言ったけれど。。。



そう言えばもう一つドジをしていました。

帰りの電車。

途中乗換は同じホームだけれど数種類の電車が入って来ます。

見事に乗り間違えました。


電車の中の路線経路を見ると降りるべき駅が載っていません。

恥ずかしさも減少している今日この頃。

あわてて降りました。


そして駅員さんに一番早く到着する電車を確認しました。

駅員さん「間違えやすいですよね。次の急行は2番線で○○分に到着します」



以上ひとりお出かけでは毎回こんな感じだけれど、

友達や姉とのお出かけでも、話に夢中で

間違えることは度々の珍道中を繰り返しています(ノ_<)



ちなみにこれが間違えた途中路線の複雑な路線図です。

rosen1.png




いつもご訪問有難うございます。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村


ご案内

プロフィール

しろネコ

Author:しろネコ
今68歳。60歳の定年まで約30年。
妻、母、主婦、仕事と休みのない生活でした。
今、夫との卒婚生活も軌道に乗り、興味ある事には何でもチャレンジ。
自由な今を楽しみます。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR