FC2ブログ

しろネコの気ままな日々

風と光と水の流れ☆ 今69歳 過去も含め 今を大事に 本音で綴ります

Entries

そんな風にしか思えない程 私の心の傷は癒されていないのです

昨日は この記事に書いたけれど 
夫と 映画を見に行きました。


場所は ここです。
グランベリー


入口はゴールデンウイーク仕様です。
入口額


お子様相手のじゃんけん大会。
謎のゆるきゃらです。
ユルキャラ


映画はこれです。
気楽に見る事が 出来る映画でした。
TVドラマ?
券




ところで 先の記事にも書いたけれど
夫と私は 映画鑑賞が 好きだけれど
好みが違うので ほとんど別に行きます。

久しぶりの 一緒の映画鑑賞。
車の中で 夫が聞きます。

「いつもどの辺の席に座るの?」

私は一番後ろの席です。
一列だけ 後ろの壁にそって ずらっと
並んでおり 足元も広々しているから。

はからずも 夫も同じとの事。




映画館は 昨日からの封切り映画が多く
大変混み合っていました。

開始30分前に 券を購入すると 
2人並んでの 後ろの席は もうないとの事。

一旦は 少し前の席にしようと思ったけれど
本音を言うと 夫と 並んで座りたく
なかったので

「離れてもいいから 一番後ろにしない?」と
提案しました。

幸い ひとり開けた 席を確保することが
出来ました。



夫はトイレに入るとの事なので 私ひとりで
先に席に着きました。

隣には 同年代の女性が 一人座っていました。

しばらくすると 夫がやって来ました。
私は 上着を畳んでいたので 気が付かず
夫も 特に私に声を掛けずに 女性の隣に
座りました。

始まるまで 10分ほどあったけれど
私は あえて知らんぷりをしました。

だって その女性が 気を利かして 
「席を変わりますか?」なんて聞かれたら
夫婦なのに 変わらないのは不自然ですものね。




上映中 その女性は 大きな声で笑います 。
独り言もつぶやきます。

あんな風に ひとりで来ても 楽しむことが
できるのは 羨ましいですね。


エンドロールの途中で その女性は席を
立ったので きっと私も 同じように 
ひとりで 来た人と思ったでしょうね。




これからの人生 ずっと夫と一緒に
暮らす事になると思います。

でも 今日 私がとった行動が きっと
これからも変わらない 私の本音の
気持ちでしょうね。
 

もちろん夫には 優しくしますよ。
心に折り合いをつけて 本心とは 裏腹に。  

本音人間の私でも 主人にだけは 別です。
そんな人多いでしょ。  ウフフ。。。。。




今日はお友達と 早目のお出かけです。
夫は 休日に私が朝早く 出かける時は 
いつも駅まで 送ってくれます。

表面的な 夫の優しさです。

そんな風にしか思えない程 私の心の
傷は未だ 癒されていないのです。




いつもご訪問有難うございます。
応援の ポチッをしていただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村


ご案内

プロフィール

しろネコ

Author:しろネコ
今69歳。60歳の定年まで約30年。
妻、母、主婦、仕事と休みのない生活でした。
今、夫との卒婚生活も軌道に乗り、興味ある事には何でもチャレンジ。
自由な今を楽しみます。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR