しろネコの気ままな日々

☆風と光と水の流れ☆ 今67歳 過去も含め 今を大事に 本音で綴ります

Entries

わが家のルーツの写真 マンダラ塗り絵再開(*^_^*)


一昨日、本棚を整理していると

以前額に入れて飾っていた懐かしい写真が出て来ました。

我が家族のルーツです。
DSC_1250 (2)

息子
剣道


発表会a




一昨年ハマって楽しんでいたマンダラ塗り絵が出て来ました。
DSC_1237 (2)


塗り終わった作品をコラージュしてみました。

ダブってる~( ノД`)
Aマンダラ
Cマンダラ
Bマンダラ


同じ図柄でも色選びで印象が違ってくるのも面白い。

色選びは迷いません。

パッと目に付いた色鉛筆で塗り進めます。
DSC_1236 (1)


2冊目のマンダラ塗り絵です。
DSC_1181 (2)


72枚のうち塗り終わっているのは5枚だけ( ノД`)

濃く塗るのが好きなのだけれど図柄にスペースが多いので埋めるのが大変。
20180601_213343-COLLAGE.jpg


しばらくほおっておいたけれど再開。

今、塗っているのは6枚目。 もう少しで塗り終わります。
DSC_1186.jpg


色鉛筆は36色でデザイン学校に通っていた娘が使っていたもの。

フェリシモの500色の色鉛筆はやっぱり必要と娘が自宅に持って帰りました。
DSC_1245 (2)


マンダラ塗り絵は赤青黄緑の4色が基本で白と黒でアクセント。

なので4色の減りが早いのです。
DSC_1247 (1)


娘はこんな色鉛筆も残して行ってくれました。
DSC_1198.jpg

STABILO CarbOtherllo
DSC_1199 (1)


高発色・軟質芯タイプの水彩色鉛筆。
水によく溶けるソフト芯使用のため、いろいろな技法が手軽に楽しめます。
ぬり絵の幅を広げてくれる色鉛筆です。
水を含ませた絵筆でなぞると、水彩画タッチになります。
塗った後、一度水でぼかし、乾いてから明る色などでアクセントを付けると、
色に深みが出ます。
パレット等に削りカスを落とし、絵の具のように水で塗ることも可能です。

硬質水彩色鉛筆オリジナルは、水を含ませた絵筆でなぞると
輪郭を残したまま水彩のように色が伸ばせるので、
よりプロ用の本格的な水彩色鉛筆。
発色の良さ、書き心地の良さ、表現の広さは、
プライベートからグラフィック制作等のプロユースまで十分に威力を発揮します。


この色鉛筆にはこんな塗り絵が繊細に仕上がりピッタリかも。

Amazonで購入予定です。
ダウンロード
写真はお借りしました。


絵を描くのは苦手。

マンダラ塗り絵で絵心を満たしています(*^_^*)



いつもご訪問有難うございます。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村


ご案内

プロフィール

しろネコ

Author:しろネコ
今67歳。60歳の定年まで約30年。
妻、母、主婦、仕事と休みのない生活でした。
今、夫との卒婚生活も軌道に乗り、興味ある事には何でもチャレンジ。
自由な今を楽しみます。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR