しろネコの気ままな日々

☆風と光と水の流れ☆ 今67歳 過去も含め 今を大事に 本音で綴ります

Entries

夫への不満ひとつありました(T_T)


昨日のブログで夫は好きなようにさせてくれるので

不満はないと書いたけれど、ひとつありました。

それは夫が在宅中はピアノは弾かないでほしいという依頼。


狭い家。

ピアノが置いてある部屋は夫の部屋と隣り合わせ。

折角の休みに下手なピアノは聞きたくないという気持ちは判るので弾いていません(;_;)



ただ、ピアノを始めて丁度一年が経過。

今、このジブリ曲「君をのせて」に夢中。 

毎日弾いて早くマスターしたいのだけれど

⇊の部分のテンポが上手くつかめず前に進めないのです。
DSC_4752.jpg


そこでYoutubeで原曲を聴いてみることにしました。

ひとつの曲でも様々なアレンジがあり、私に丁度良い初級編を探すと

小学生の発表会の様子が沢山アップされていました。


皆軽々と弾いています。

子供の頭の柔らかさに今更ながら感心です。

そういえば少し前、我が家に来た娘に弾いたもらったのだけれど

初めての曲なのに楽譜を見ただけでスイスイと弾いていました(o‘∀‘o)*:◦♪



そこでピアノの効能について調べてみました。

以下あるサイトから一部抜粋しました。


人というのは、夢をもち、その夢をかなえるべく努力して成功を願う。

そういう人生を送るためには、IQ(一般的知能)よりも

HQ(人間性知能)という知能が重要と証明されている。

ピアノの稽古はすべての実験においてダントツにHQが向上するという結果が出ている。


いきなりHQという耳慣れない言葉が出てきましたが、HQとは?

簡単に言えば、“人間らしい人生を送るための脳力”のことで、

夢や目的に向かって適切に行動する能力“未来志向的行動力”と、

理性・思いやり・協調性を身に付けてうまく生きる能力“社会関係力”です。


つまり、HQの向上は、夢の実現や社会的成功、良好な恋愛や結婚生活、

さらには運動能力や器用さ、言語能力、IQの向上にまでも繋がるんです。


ピアノを習うだけで、こんなにいいことがあるとはまさに驚きですが…。

では、ピアノの何がHQ向上効果をもたらすのでしょうか?


ピアノというのは、両手を並列かつ複雑に使い、

楽譜を一時的にも記憶しながら演奏し、さらに次に弾く楽譜を先読みします。


そして特に重要なのは両手を同じように使いますが、

その使い方がまったく異なるという点です。

これは他のものにはない非常に高度な行為なんですね。

つまり、ピアノをやっていると、自然にすべての脳機能を高めてしまうというわけです。


ピアノは脳の構造まで劇的に変えてしまうという効果も証明されているそう。

ピアノのレッスンを続けることによって、脳の監督役でもある前頭前野が構造的に発達し、

HQの長期的な発達につながります。

また、脳梁(のうりょう)と呼ばれる部分が太くなり、左右の脳のバランスがよくなるんです。


まだまだあります。

小脳も大きくなり、運動機能や知的機能、感情的機能までもアップします。

さらに、海馬とよばれる部分が発達し、記憶力がアップするので、学力向上につながります。

つまり、ピアノを習うことによって、脳機能をまんべんなく育て

“地頭”をよくすることができ、スポーツや学力まで効果を及ぼすんです。


では、ピアノをいつ習わせれば効果的なのでしょうか?

HQを高めるためには、5歳~8歳ころが効果的です。

ちなみに、大人になっても、

子どものころほどではありませんが

大人なりの効果はのぞめますよ!



よし!!!

今からでも遅くない。

真面目に楽しく練習し、

夫にも喜んで聞いて貰える日が早く来るよう頑張ります(o‘∀‘o)*:◦♪



いつもご訪問有難うございます。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村


ご案内

プロフィール

しろネコ

Author:しろネコ
今67歳。60歳の定年まで約30年。
妻、母、主婦、仕事と休みのない生活でした。
今、夫との卒婚生活も軌道に乗り、興味ある事には何でもチャレンジ。
自由な今を楽しみます。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

最新コメント

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR